エリザベス女王の若い頃が可愛い!メイクやファッションのこだわりが凄い!

人物
スポンサーリンク

即位から70周年、国民から愛されていたエリザベス女王。

96歳という年齢を感じさせないほどとてもキレイですよね。

着用している洋服も素敵なものばかりでついついみとれちゃうものばかり!

何でも、エリザベス女王はファッションには強いこだわりがあるようで、メイクにもこだわりがあるんだとか。

そのエリザベス女王なのですが、若い頃がメチャメチャ可愛いと話題となっています。

そこで今回は以下の事についてまとめてみました。

・エリザベス女王の若い頃が可愛い!
・エリザベス女王はメイクやファッションのこだわりが凄い!

それではみていきたいと思います。

スポンサーリンク

エリザベス女王の若い頃が可愛い!

エリザベス女王の若い頃の画像がこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Royal Family(@theroyalfamily)がシェアした投稿

英国の女王に向かって可愛いというのはなんというか気が引けるのですが、、、「やっぱり可愛い!」

26歳の時、英国の女王に即位したエリザベス女王は可愛いいだけでなく、聡明で芯のある人柄から国民から愛される存在に!

その反面、好奇心旺盛でなんでもこなしちゃうエリザベス女王は、90代になっても自分で車の運転をして出かけたりすることも。

とっても憧れちゃいます♪

ちなみに妹のマーガレット王女の若い頃の画像もあるのですが、エリザベス女王同様とっても可愛いいです♪

姉妹そろって可愛いなんて、ご両親も自慢の娘だったでしょうね!

そんなエリザベス女王は、若い頃から素敵な洋服を着用されてらっしゃいますよね。

なんでもファッションやメイクには、とても強いこだわりがあるんだとか!

次で詳しく見ていきたいと思います。




エリザベス女王はメイクやファッションのこだわりが凄い!

エリザベス女王といえば少し長めのテーラードドレスとコート、そして程よい見た目の帽子が定番ですよね。

若い頃からファッションやメイクなどにはとてもこだわりが強く、ご自分で全て決めていたんだとか!

王室専属のデザイナーが選びぬいた生地などを、エリザベス女王がさらに確認してから制作!

素材はさらにこだわりが強く、シンガポール産のシルクがお気に入りだったんだとか。

しかもエリザベス女王のファッションへのこだわりはこれだけではありません。

「もったいない精神」

服はできるだけアレンジして着用されていたんだとか。

「通常、服の寿命は最大で約25年。女王陛下は常に倹約家で、服はできるだけアレンジして再利用することを好みます」とアンジェラは言う。2、3回ほど公務で着用したあとは、お直しを加え、普段着として使用されるようになるという。それは最初は“最上”であったものが、年月を重ねるとともに徐々に魅力が失われていくからだ。しかし、それでも完璧に見せられるのは、エリザベス女王の絶対的なスタイルがあるからこそなのかもしれない。

引用元:vogue

英国の女王なるお方がこのように考えてるなんて、国民に愛されるのも納得できますよね。

96歳という年齢でもあのファッションを着こなせちゃうんですから、こだわりが強いのは間違いないですね。

そんなエリザベス女王はファッションだけでなく、メイクのこだわりも凄いんです。

エリザベス女王愛用コスメ!

エリザベス女王はメイクにもこだわりがあって、年1回のクリスマススピーチの録画の時以外はベースメイクから全てご自分でされているんです。

そのエリザベス女王が愛用しているコスメがこちら!

エリザベス女王の必需品と言われているパウダー!

エリザベス女王が20年以上も愛用しているネイルカラーで、プチプラなんですよね。

エリザベス女王だけでなく、各国のセレブたちも御用達アイテムなんだとか!

ちなみにキャサリン妃やメーガン妃も、基本的にはご自分でメイクをされているみたいです。

そんな王室の方々に親近感がわいちゃいますね!




まとめ

今回は「エリザベス女王の若い頃が可愛い!メイクやファッションのこだわりが凄い!」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

エリザベス女王は若い頃から姉妹そろってとても可愛いく、即位から70年たった今も国民から愛されている存在です。

そして若い頃からファッションやメイクにはこだわりがあって、生地選びからデザインまでご自分で決められています。

そのエリザベス女王は国民に寄り添うことができる「もったいない精神」で洋服などの再利用を心掛けている、とても素敵な英国の女王!

そんなエリザベス女王は2022年9月8日にスコットランド・バルモラル城で永眠されました。

即位から70年という長い間、お疲れ様でした。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました