Loading...
スクリーン一面にノンストップで映し出される真っ赤な火星での大冒険、鬼才ポール・バーホーベン監督のエクストリームなバイオレンス描写、そして超人アーノルド・シュワルツェネッガーによるスーパーアクション!世界が熱狂したあの『トータル・リコール』が、30年の時を経て映画館に帰ってきた!原作は『ブレードランナー』の原作者としても知られる巨匠フィリップ・K・ディック。壮大すぎる世界観ゆえに映画化不可能といわれていたシナリオに惚れ込んだのが、当時『ターミネーター』、『コマンド―』の記録的大ヒットで既にアクションヒーローとしての地位を確立していたシュワルツェネッガーだった。『ロボコップ』のポール・バーホーベンを監督に迎え、当時の最高額となる7,000万ドルもの製作費が投入された本作は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』、『ダイハード2』などの話題作を抑えて全米初登場No.1を獲得。その後7週にわたり1位の座を守り続け、まさに映画の歴史と可能性を大きく変えたSFの金字塔となった。4K映像で映し出される、壮大な火星の世界と個性豊かなキャラクター造形、そしてナナメ上を行くブッ飛んだ演出と、あの頃胸を時めかせた未来のテクノロジーの数々!その全てが色褪せない最高のエンターテイメントをもう一度スクリーンで!
西暦2084年・地球しがない労働者ダグ・クエイドは、美しい妻ローリーと共に平凡だが満ち足りた生活を送っている。彼を唯一悩ませているのは、毎夜うなされる火星の夢だった。
見渡す限り真っ赤な荒野に、宇宙服を着た自分、腕には見知らぬ黒髪の女。次の瞬間、急に足場が崩れ、火星の砂丘を転がり落ちるクエイド。バイザーは破裂し、真空状態で喉を掻きむしる……。そして目が覚める。いつもこの夢だ。行ったこともない場所、見たことのない自分。
ある日、クエイドは「理想の記憶を売ります。」という広告に惹かれ、体験したことの無い記憶を販売する<リコール社>を訪れる。クエイドは<火星を救う秘密諜報員>というプログラムを試すが、突如トラブルが発生しプレイは中断。更にその日から、自分の妻や正体不明の集団に命を狙われることに!全ての謎を解くために火星へと赴くクエイド。果たしてダグ・クエイドは何者なのか?これは現実かそれとも夢か?彼の記憶に隠された衝撃の秘密とは?!
アーノルド・シュワルツェネッガーは1947年7月30日、オーストリア・シュタイアーマルク州の小村、タールに生まれた。警察署長の父に厳しく躾けられて育つなか、13歳でボディビルに目覚め、絶え間ない肉体鍛錬に打ち込む。18歳でオーストリア陸軍に入隊。1年間の兵役を経て66年、19歳でロンドンに渡る。以来ミスター・ユニバースなどのボディビル大会で頭角を現し、アメリカに居を移してからはミスター・オリンピア大会で7回優勝の大記録を打ち立てている。70年に『アーノルド・シュワルツェネッガーのSF超人ヘラクレス』で映画主演デビュー。低予算の同作で、オーストリア訛りの強いシュワルツェネッガーの台詞は別人によって全編吹き替えられたが、本人はこれで俳優業への手応えを得た。その後ボディビルの世界を扱った半ドキュメンタリー『鋼鉄の男』(77年)などを経て、82年の『コナン・ザ・グレート』で超大作映画の主演を飾るに至る。その後、無名時代のジェームズ・キャメロンと組んだ『ターミネーター』(84年)がヒット。以降『コマンドー』(85年)、『プレデター』(87年)、『ツインズ』(88年)そして『トータル・リコール』(90年)とヒット作品を量産し、全世界で5億ドルの興収を稼ぎ出した『ターミネーター2』でそのキャリアは頂点に達した。『ラスト・アクション・ヒーロー』(93年)、『トゥルーライズ』『ジュニア』(ともに94年)などの大型作品に主演を続けたが、03年の『ターミネーター3』を最後に俳優業を一時引退。政治家に転向し、同年11月から11年1月まで、カリフォルニア州知事を2期務める。任期を終えて以降は環境問題などについて発信を続ける一方で俳優業を再開、『ラストスタンド』、『大脱出』(13年)や『アフターマス』(17年)、さらに『ターミネーター : ニュー・フェイト』(19年)などの主演作品で健在を示している。
クエイドの夢に夜ごと現れ、やがて彼の強力なパートナーとなる、レジスタンスの女性メリナ。そのパワフルかつミステリアスなキャラクターはティコティンの鍛え抜かれた肢体と美貌にまさにはまり役である。ニューヨーク生まれで、芸術高校卒業後多くの有名振付師と共に働き、「殺しのドレス」(80)、「レイジング・ブル」(80)などのプロダクション・アシスタントとして映画界入り。オフ・ブロードウェイのヒットミュージカル”The Me Nobody Knows”への出演で一躍スターダムにのしあがった。映画デビューは「アパッチ砦ブロンクス」(81)のポール・ニューマンの相手役。本作出演を皮切りに「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(94)「コン・エアー」(97)などの話題作に出演した。
セクシーで魅力的な、クエイドの妻ローリー。演じるストーンは鮮烈な美貌でいくつものビューティ・コンテストに優勝し、世界のトップモデルとして活躍していた。当時から舞台に関心を持ち、演技を間編んでいた彼女は80年ウディ・アレンの「スターダスト・メモリー」(80)で映画デビュー、本作の演技をバーホーベン監督に見いだされ彼の次作「氷の微笑」の主演に抜擢。セクシーでミステリアスな小説家を演じ一躍世界的なセックスシンボルに躍り出た。その後マーティン・スコセッシ監督の「カジノ」(95)ではゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) 受賞した。現在では女優の活動のみならず様々なチャリティ運動にも積極的に参加している。
「リクターは殺人能力と破壊能力に長けているとても執拗な男だ。」コーヘイゲンの部下で火星までクエイドを追う狂信的なスパイ役のアイアンサイドは言う。カナダ・トロント生まれ。15歳にして、書いた劇が上演されるという非凡な才能を示した。その風貌から冷酷な悪役を得意とし、クローネンバーグの「スキャナーズ」(81)や「面会時間」(81)の演技によって世界的な知名度を得た。本作以降「スターシップ・トゥルーパーズ」(97)「ターミネーター4」(09)「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」(11)などに出演しているカナダが誇る名バイプレイヤー。
火星植民地の命運を握る独裁者コーヘイゲンを演じるコックスは「ビバリーヒルズ・コップ」(84)「ロボコップ」(87)などでお馴染みの、善悪ともに演じられる個性派俳優である。”人間味はあるが、背筋が凍る程冷酷な男”コーヘイゲンを重厚な演技力で見事にこなした。1938年ニュー・メキシコ生まれ。大学卒業後、ロックバンドを結成し活動すると同時に、ワシントンの劇場で舞台に立ち「ガラスの動物園」に出演してプロデビュー。映画デビューは71年「脱出」。以後、「タップス」(81)、「ビジョン・クエスト/青春の賭け」などに出演。御年82歳の現在でもTVドラマシリーズ「ナッシュビル」(18)への出演など精力的に活躍している。
1938年、オランダ・アムステルダム生まれ。ライデンの大学に学び、在学中から映画に強い興味を持つ。何本か短編映画を監督した後ドキュメンタリーを撮るためオランダ王立海軍に入隊。除隊後オランダTV局の監督となり、この時ルトガー・ハウワーと組んだアドベンチャー・シリーズ”Floris”のヒットで一躍有名になった。その後フィルムノワールスリラー「4番目の男」(83)で、ロサンゼルス映画批評家会外国語映画賞とアボリアッツ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞及びトロント映画祭インターナショナルプレス賞を受賞。アメリカ映画界進出後も「ロボコップ」や「トータル・リコール」、「スターシップ・トゥルーパーズ」などヒット作を連発する。軽快な、スピード感のある演出と物理学の博士号を持つ彼ならではの、論理と知性に満ち溢れた構成力の凄さが、映画ファンを魅了し、彼を”新感覚の映像派”の地位を押し上げた。
天才少年ロブ・ボティーンは、14歳の頃すでに「キングコング」(76)、「スターウォーズ」(77)等の特殊メークアップ効果の製作に参加。18歳の若さで自分の会社を持ち、「ハウリング」(81)のSFXを担当。自分の体をscreen上で2メートルの狼に変身させるという、画期的なシーンを創り出した。続く「遊星からの物体X」(82)ではより完成度の高い変身シーンを手掛け、この作品によりSFXと特殊メークアップの新しい基準が設定された。「トワイライトゾーン」(83)「レジェンド/光と闇の伝説」(85)「イーストウィックの魔女たち」(87)などの一連の話題作での成功は、映像の魔術師として彼の名声を確立。80年代~90年代初頭、まだCG技術が映画に多用される前の古き良き映画時代の立役者といえる。
戦後SFの最高峰の一人。アンドロイドや多元宇宙などの使い古されたようなSF設定が、ひとたびディックの手に掛かると、現実が次々に崩壊して行く二重三重の構造を持ったディック・ワールドへと変貌する。彼の作品群は今でこそブームになり“フィルディキアン”も世界中に広がっているが、生前の彼の生活は決して幸せでは無かった。51年の「輪廻の豚」でSF界にデビュー。「高い城の男」「火星のタイムスリップ」で一応Sf作家と認められるものの、主流文学を目指すはずが生活のために書くSFばかりが売れるというジレンマが彼を苦しめアンフェタを多用。2度の自殺未遂と5その離婚を繰り返した。初の映画化作品「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(映画『ブレード・ランナー』)の完成を待たず、心臓発作で死去。
高校卒業後、ディズニー・スタジオで映画の製作にたずさわり、映画デザインのプロフェッショナルとなる。彼が深夜の食堂の紙ナプキンの上にデザインした宇宙船は、その後のSF映画に多大な影響を与えた『ダーク・スター』(74)の主役となった。以来、『スター・ウォーズ』の異星人の酒場のシーン、『未知との遭遇<特別篇>』(80)の”マザーシップ”に内部、『レイダース/失われたアーク』(81)のペルーの寺院、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)のデロリアンなど彼の創造してきた世界は、その映画を形づくる決定的なシーンとなっている。2020年9月21日にレビー小体型認知症による合併症により死去。命日となった9月21日は同氏の誕生日でもあった。
言わずもがなのヒーロー的カリスマと、紛うことなき悪役ヅラの同居、あるいは台詞回しに表れるある種の朴訥さまで、シュワルツェネッガーが内包する多面性が見事に集約された、まさに一大傑作! あの極上の悪夢が、大スクリーン、最高画質で、再び味わえるなんて……シャロン・ストーンにロニー・コックス、そしてマイケル・アイアンサイドと、毒々しい華を発散しまくる顔顔顔! 画面の片隅、何気ない一言、そしてラストのラストにまで仕組まれた、バーホーベンの悪意たっぶりな「罠」も見逃してはならない。
ライムスター宇多丸
「映画」は本来的に一種の「模造記憶」である。『トータル・リコール』はその構造をリバース・エンジニアリングにかけることによって、無限退行する悪夢そのものを映画と観客の関係性のうちに現出せしめた驚天動地の作品である。総体としての『トータル・リコール』が「夢いっぱいのアクション・アドベンチャー」体験をもたらすものである、という極めてディック的なアイロニーは、今回の4Kデジタルリマスター版を「体験」することによってさらに強烈に感じられることになるだろう。
高橋ヨシキ
アーノルド・シュワルツェネッガーの主演作から、今すぐ1本だけ選べ!と言われれば、迷わず本作を選ぶ。
記憶をなくしたシュワルツェネッガーが自らのアイデンティティを求めて彷徨い、その過程で人々が次々に、面白い感じで死ぬ。
ヒーローが生きるための正当防衛(および多少の巻き添え)とはいえ、明らかにやりすぎではある。だがこれは仕方のないことだ。記憶をなくしたシュワルツェネッガー、と軽く書いてはみたが、それはたとえば「剃刀を持ったゴリラ」と同義なのである。
そのあまりの危険さに、バイオレンスについては一家言以上ある名匠ポール・バーホーベンがもちろん着目しないはずもなかった。
『トータル・リコール』はシュワルツェネッガー / バーホーベンという、暴力 × 暴力の奇跡のコラボレーションが実現した唯一無二の傑作である。
てらさわホーク
こちらは、あのアーノルドシュワルツェネッガーさんの夢物語。
筋肉むきむきな腕を振りかざし工事現場で働く、
好奇心が止まないクエイドという名の男が
摩訶不思議な夢を売る会社に見事ひっかかってしまうような幕開け!!

おいおい、ただ地下鉄に乗りたかっただけなのに!
ただそこ居合わせてしまっただけなのに!
と次々に関係ない人間たちがクエイドの壁になります。

そして、あの素晴らしいアーノルドの鼻が葡萄のように広がったりと
事態は急変っ!

生きていた世界は夢だったのか?
はたまた現実だったのか?!
知ることができるのか?!

あなたの希望に委ねます。
それはそれは、好きにお考えください。

そんなアーノルドたちがお送りする、
地球外スペシャル暴れん坊ストーリーがいま始まります。
滝沢カレン
『さいしょに見た時は、ちょとストーリがむずかしかたけど、みらいの、すごいアクションいぱいで、言うこときかないロボトのタクシーうんてんしゅが出てきたり、アノルド・シュワが、へんなおばさんになて、カオがパーパーパてなたり、はなの中から、おきいつぶを出したりして、おもしろくて、へんなシーンと、へんな人もいぱい出てきて、ちょとくらい話が分からなくても、さいごまでドキドキワクワクだた! レーザディスクで何回か見てたら、だんだん話が分かてきたけど、今までは、おうちのテレビでしか見たことなかたから、はじめて、映画かんの、おきいがめんとおきい音で、アノルド・シュワのカオがパーパーパてなるところが見られて、うれしかたです!』
東京トガリ
Twitter&instagram:@togarirecords
令和の時代に「トータル・リコール」が帰ってきた!
昔のヤング達は懐かしさを、現代のヤング達はレトロフューチャーな映像に新鮮さを感じるかもしれません。
そんな今作の主人公を演じるのは、どんな世代にも等しく愛と勇気と筋肉を与えるアーノルド・シュワルツェネッガーです。哲学的なフィリップ・K・ディックの世界観が、シュワにかかれば一大アクションエンターテインメントに早変わり!画面いっぱい顔面いっぱいに暴れ、悶え、苦しみ、怒り、闘う!
「これは現実?それとも虚構?どっちでもいっか♪」と、頭を空っぽに楽しめること間違いなし!
4Kデジタルリマスターで美しく生まれ変わった「トータル・リコール」は、私たちに新たな“記憶”を植え付けてくれることでしょう。
アーノルド・シュワ子
Twitter:@illbeback_0730